3年生

「今だけドリブル」で大活躍!息子も自陣から相手ゴール前まで運ぶことが増えました♪

以前に紹介した「高速ドリブル&ダッシュの練習」ですが、想像以上に息子が試合中に使えていて、ドリブルで得点につながったり、アシストしたりとチャンスが生まれています。ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルにもある通り「今だけドリブル」です。(笑)

なぜ「今だけ」かと言うと、

小学校低学年の試合の多くは、ライン際がスペースだらけになっていて、今が旬のドリブルだからです。タイミングも大事ですが、サイドラインに沿ってドリブルしていけば、だれでも自陣から相手陣地までドリブルして運ぶことができます。

小学校低学年の試合で有効なサイドラインのドリブル

ドリブル ライン際のドリブル 練習方法

小学校低学年の頃というのは、ボールに集まりやすくダンゴサッカーになりますよね。

そうするとライン際(茶色部分)のスペースが大きく空きます。ボールを奪ったらサイドに逃げて、まっすぐドリブルできるように練習しておけば、かなりの確率で相手陣地まで運ぶことができます。

今だけドリブルの練習方法はこちらです。

息子のポジションはディフェンスが多いので、ゴール前で奪ったボールをそのままライン際に運んで ” 行ける ” と判断したら、そこから一直線に相手陣地まで運んでいます。(上図の赤いライン参照)

まだ最後の詰めが甘く、相手陣地のペナルティエリア付近にいくと相手選手に追いつかれてカットされることが多いですが、アシストも多くチャンスメイクできています。

追いつかれてカットされるのは、まぁこれは仕方がないですかね。
シュートで終えることを意識させ、周りをみて得意な角度でシュートができるよう練習をしています。

高学年になったらプレスのスピードも速く、ポジションの意識も高いので「今だけドリブル」を使う機会はほぼ無くなりますが、スペースを見つけてボールを運ぶ練習は必ず役に立つときがきます。「今だけドリブルの練習」をアレンジしながら練習してみてください。

応用すれば、相手のフォーメーションを崩してスペースにボールを運ぶ、あるいはパスを出す瞬時の判断ができるようになりますので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

バロンド

投稿者の記事一覧

小学5年生に学校のサッカークラブに入部、中学・高校とサッカー部に所属。10代後半から白髪が目立ちはじめ、いまでは息子のお友達に「お爺ちゃん?」と言われるほど頭の外も中も真っ白なお父さんです。リフティングを一緒にしているだけで、息ゼエゼエしてます。(笑)

プロになるのは通過点、その先を見据える息子のチャレンジを全力で応援していこうと思います!

いまチームを休会し、スクールで基礎を徹底的に学び直してます。。。がんばるぞー。(^^)v

関連記事

  1. フットサルスクール 今年の初練習 4年生 【フットサルスクール】今年の初練習のミニゲームで2点GET!よか…
  2. メッシ ポプラポケット文庫 【Book】サッカー少年のクリスマスプレゼントに!「 メッシ ハ…
  3. フットサル パラレル練習 フットサルスクールでパラレル(パラレラ)の練習。いろいろ学べて息…
  4. 小学3年生 リフティング1000回挑戦 【春休み企画】昨日のリフティング385回。。。春休み中の1000…
  5. イニエスタ 8月9日 息子がイニエスタに会えた日♪
  6. リフティング練習 フットサルスクールでリフティング回数が重要と分かり、久しぶりに息…
  7. practice 苦手な鳥かご練習(4対1) サッカーボールを追いかけ回すだけでは…
  8. 「ひさしぶりだね♪」 by 出張帰り

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おもしろサッカーグッズ

  1. ミカサのエアーゲージ「ダブルアクションハンドポンプ」
  2. ラダートレーニング 効果 方法
  3. 【失敗編】タイガー水筒のケースがボロボロ。。。水筒ケースだけを買うなら「強ゾコ」! 旧タイプと比較
  4. NIKEのレガース 汗やホコリがたまるから掃除が必要か?!
  5. サッカー止める蹴る解剖図鑑

サッカー選手のBook

  1. 僕は自分が見たことしか信じない 内田篤人 幻冬舎文庫
  2. ドキュメント宇宙飛行士選抜試験
  3. フットサル超必勝バイブル 7つの約束事 須賀雄大 北健一郎

息子(3年生)のサッカー記

  1. ダミアン選手 ブラジルにはハングリー精神がある サッカー
  2. フットサルスクール 今年の初練習 4年生
  3. 防寒着 スーパースポーツ ゼビオのピステ

Q&A

  1. ジュニアサッカー スポーツ保険って必要?
  2. プロの世界でロングスローは評価されない?
  3. ドイツのサッカー指導は統一されている
PAGE TOP