4年生

【ボールを奪え】そのプレスで相手FWが嫌がるか?ボールを奪われるかもしれないと思わせる気迫が必要。

サッカー。そのプレスで相手が怖がるか?気迫が必要!

以前に ” 鳥かごでボールが奪えない ” 小学生がどうすればボールを奪えるようになるか・・・を記事にしましたが、対外試合でもボールが奪えるようになるとサッカーがさらに楽しくなりますので、しっかり練習をして身につけましょう。

鳥かご(ロンド)でボールが奪えるようになるコツ

そのプレスで相手FWが嫌がるか?

前回も触れましたが、相手の目の前で足を止めてしまう子は、なかなかボールが奪えないだけでなく、抜かれる印象ばかりが目に留まって、仲間やコーチの信頼も失ってしまいます。

ひと昔前はマンツーマンディフェンスで守備をすることが多く、まず相手の動きを止めることが目的だったので、” 相手選手の目の前で足を止める ” でも良かったんですけどね。

最近の守備は、ボールを取りに行って抜かれたとしても、味方DFがすぐにフォローに入ってくれる連携プレーが主流になっています。

カウンター攻撃をくらって自陣に味方が戻りきれていない場合は、下手に取りに行ってしまうと危険な状況になるので、相手の動きを止めるだけで良いときもあります。状況判断が必要です。

サッカー ボールを奪うコツ

↑ DF(ディフェンダー)がFW(フォワード)の前で止まっている図。

ボールを持った選手からすると、DFが目の前で止まってくれれば、この止まってくれている瞬間にパスあるいはドリブルの判断をすることができます。

これではドリブルやパスの上手な人からボールを奪うことはできません。

ちなみに昨今の欧州サッカーでは、プレスをかけに行って相手の前で足を止めてしまうのはプレッシャーになっていないと判断されてしまいます。

もちろん状況にもよりますが、基本的に「なんとしてでも止める」という気迫で突っ込んでいき、抜かれたらすぐに追いかけるくらいの必死さが求められています。

どちらがプレッシャーを感じるか?

サッカー ボールを奪うコツ 距離を詰める

上のイラストでどちらが相手FWのプレッシャーになっていると感じますか?

多くの人が「左側」と答えると思いますし、私も左側と答えます。ここまで近くまで寄れれば、FW(フォワード)も「やばっ」って焦りますよね。タイミングがよければボールを奪うことも可能です。

DFとFWの距離が中途半端であれば
「来た、きた、キター」
とFWもプレーを考える時間を持つことができますが、

いきなり ” ドンッ ” と身体を寄せられたら
「うわっ。」
となりますよね。

一定の距離を保って足を止めていたお子さんには、相手選手との距離をさらに一歩詰めて強烈なプレッシャーを与えながら足を出すようアドバイスしてあげてください。

あと一歩前です。
(トイレかっ)

本気じゃなくて良いので公園などで「1対1」を試してみると良いですね。手前で止まるディフェンスと突っ込まれるディフェンスとどちらが焦るか、お父さんがやってあげると分かりやすいかもしれないです♪

ただ先述しましたが、
カウンター攻撃を受けて、ディフェンスが自分しかいないのであれば、下手なプレスをかけて抜かれてしまうよりも、相手の動きを止めて仲間が戻れる時間を作りだし、状況を見ながらプレスをかければ良いことも忘れずに伝えてあげてください。

より高い位置でボールを奪うプレーも求められている

ディフェンス陣が守備をするのは当たり前のことですが、FWも守備への貢献が求められる時代で、より高い位置「相手陣地」や「センターサークル付近」でボールを奪い返し、得点チャンスにしていくことが「勝ち」にこだわるプレーとして評価されています。

サッカー ボールを奪うコツ 距離を詰める

最近は守備の連携が実によくできているので、ボールを取りに行って抜かれてもスグに味方のディフェンスがフォローに入ってくれます。

上のイラストを見てもらうと

①「DF①」が「FW」の縦を切りに行く
②「FW」はバックパスか、②の方向に移動またはパス
③「FW」が白矢印②の方向に移動したら、「DF②」が赤矢印②の方向にボールを奪いにいく
※ボールを持っている「FW」を「DF①」と「DF②」で挟み打ちして早めに潰す動きも多くみられます。

上のような「DF」の連携プレーは、小学生チームでも普通に行われています。

ですので、
足を止めることなくボールを奪いにいっても味方のフォローが入りますので安心して良いのです。

極端な話、抜かれても大丈夫です。(もちろんボールを奪えるのが理想ですが・・・)

大事なのはその後。
すぐに奪い返しにいく姿勢を習慣付けることです。ボールを奪い返そうとする姿勢、勢いというものは外から見ていても分かります。フォローに入ってくれた仲間と挟み打ちができたらベストです。

やる気のない集中力の欠けた姿勢もスグにわかりますので、とにかく ” チームが勝つ ” ためのプレーを一生懸命にすることです。取られたら取られっぱなしという選手も多いので、しっかり意識をしてプレーに臨みましょう。

相手に抜かれても気にしないこと

ボールを持った相手の前で止まってしまう子からすると、さらに一歩進んでボールを奪いにいくことは大変勇気がいることで簡単なことではありません。

「抜かれてしまったらどうしよう」

不安になってしまうものですが、相手の前で止まって、うまく駆け引きができていないプレーでは、抜かれていることが多いはずです。

どうせ抜かれるなら思い切って足を出してみた方がいいですよね。

ボールを奪うことはプロでも大変な仕事ですから、上手くいかなくても気にしないことです。相手に考える時間を与えないようプレススピードを上げてみてください。

プロのサッカーでもゴール前の守備でボールホルダー(1人)に対してDF3~5人で囲むこともあります。見た感じは「団子サッカー」にも見えますが、しっかり連携のとれた守備体形なのです。

パスコースを塞ぎながら、どうすればボールが奪えるか、常に考えながら動いてみることです。

まずは

1.相手の足元にあるボールにタイミングよく突っ込む(足を出す)
これができるようになったら
2.周りをみて相手のパスコースを塞ぎながら取りにいく
3.味方を信じて思い切って取りにいく

相手にボールが渡る前にプレスをかけたり、相手選手の癖なども見れるようになると確率が高まります。

焦らずに何度もプレスを仕掛ける練習をしてみましょう。

息子もがんばってます♪

【Q&A】サッカーをしていて股関節が痛くなるのは、成長痛?グロインペイン症候群?!
【Q&A】サッカーの「グリーンカード」ってなんですか?
【Q&A】知っておきたい「ペナルティエリア」と「ゴールエリア」の違い。間接フリーキックになる反則とは?

バロンド

投稿者の記事一覧

小学5年生に学校のサッカークラブに入部、中学・高校とサッカー部に所属してました。10代後半から白髪が目立ちはじめ、いまでは息子のお友達に「お爺ちゃん?」と言われるほど頭の外も中も真っ白なお父さんです。リフティングを一緒にしているだけで、息ゼエゼエしてます。(笑)

プロになるのは通過点、その先を見据える息子のチャレンジを全力で応援していこうと思います!

いまサッカースクール、フットサルスクールで学びながら、スポ少でがんばってます。。。(^^)v

関連記事

  1. ラダートレーニング 効果 方法 サッカー「脳トレ ラダートレーニング」。子どものうちに神経を発達…
  2. サッカー 空中に浮いたボールの奪い合い 方法 サッカー試合中、空中に浮いたボールの取り合いは、下手に足で取りに…
  3. ワールドカップ全64試合をABEMAが無料配信 【すごっ日本初!】W杯カタール2022☆ABEMAが全64試合を…
  4. 試合でボールが奪えない・・・まだ線の細い小学5年の息子。身体の大きい子から「ボールを奪うには?」。「体を当てる」練習が効果あり! 試合でボールが奪えない・・・まだ線の細い小学5年の息子。身体の大…
  5. サッカー リフティングの練習 リフティング500回まであと57回で「ボトッ」。(^^;) よく…
  6. 小学4年生と中学生でミニゲーム対決 【フットサルスクール】中学生とミニゲーム!いい経験させてもらいま…
  7. 中村俊輔 サッカー観戦術 【Book】世界ベストFKキッカー10傑に選出された中村俊輔著「…
  8. 花粉症対策 花粉症は水で流すのが一番の対策 【脅威】今年の花粉はハンパない。子どもにしてあげたい花粉症対策は…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おもしろサッカーグッズ

  1. ビクセン 6倍単眼鏡 双眼鏡との比較
  2. サッカー試合 一脚「 ベルボン ULTRA STICK SUPER 8 」
  3. 通訳日記 ザックジャパン1397日の記録 読書感想 レビュー

サッカー選手のBook

  1. 長友佑都 体幹トレーニング20
  2. I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝 レビュー 本の紹介
  3. 続ける技術、続けさせる技術 木場克己

商品リンクについて

記事には実際に使用して良かったと思う商品などのリンク広告が含まれていることがあります。
もし気に入って購入していただけたら嬉しいです♪

Q&A

  1. コーチ2~4人のサッカーチームと同地域のコーチ1名の強豪チームでは、どちらが上達しますか?
  2. 【Q&A】小2息子、どっちがいいですか?「強くないけど楽しいチーム」と「厳しいけど強いチーム」。
  3. 毎月第三日曜は「家庭の日」としてスポ少の活動は原則禁止。休みは取れてる?

息子のサッカー記

  1. 子どもがインフルエンザB型に。高熱、咳、鼻水
  2. サッカースクール 子どもの成長に合わせてスクール変更 練習日の追加
  3. ジュニアサッカー こどもに気迫やガッツを身につけさせたい
PAGE TOP